シミ対策でこんな悩みはありませんか?
いろんな美白化粧品を試したけれどイマイチ効果が感じられない!

rinarina

今あるシミを何とかしたいならそのシミの種類にあったシミ対策をしていきましょう!

美白化粧品でシミ対策

美白化粧品は、治療薬ではないのでシミをリセットすることができませんが、厚生労働省で認可された美白有効成分によりメラニンの生成を抑えて、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。
美白化粧品でシミ対策したいけど、美白コスメもいろいろあって選べない!?
そのような方のために、いろいろある美白化粧品の中から、実際に私が使って良かったと思ったものを中心に、アラフィフ主婦が厳選しました!おすすめの美白化粧品については、記事の後半で紹介します。

出来てしまったシミやくすみをリセットしたい!

  • 「頬の濃いシミを取りたい」
  • 「くすんだ肌をリセットしたい」
  • 「ニキビ跡の色素沈着を薄くしたい」
  • 「肝斑を治したい」
今あるシミやくすみをリセットしたいのなら、皮膚科や美容外科に行くことをおすすめします。それぞれのシミやくすみに応じて、レーザー治療や、シミを薄くするトラネキサム酸やハイドロキノンなどの内服薬や外用薬、イオン導入などの治療法がおこなわれます。
しかし、皮膚科や美容外科は、通うのが面倒、待ち時間が嫌、なんとなく敷居が高い、費用がいくらかかるのか心配、副作用が怖い。などの理由で、皮膚科や美容外科には頼りたくないという方も多いです。

美白化粧品でメラニンの生成を抑える

美白化粧品とは、厚生労働省で認められた「美白有効成分」配合された薬用化粧品(医学部外品)のことを指します。
「美白有効成分」とは、厚生労働省より「メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ」または「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」 と表示することが認められた成分のことです。出来てしまったシミを消すことはできません。
厚生労働省が認可している代表的な「美白有効成分」には、その働きによって
大きく2種類に分けられます。
  • メラニンの色素の生成を抑えるもの
  • 出来てしまったメラニンの色素を還元するもの
美白化粧品を選ぶ時には、配合されている美白有効成分のその働きから選ぶといいでしょう。

厚生労働省が認可している代表的な「美白有効成分」

メラニンの生成を抑える成分
・アルブチン・ビタミンC誘導体・ルノシール・カモミラET・コウジ酸・ハイドロキノン・アルブチン・エラグ酸・トラネキサム酸・リノール酸S・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)など
メラニンを還元する働きのある成分
・ビタミンC誘導体・ハイドロキノンなど

美白化粧品が効きにくい肝斑

肝斑は、ホルモンに関係しているので、トランシーのなどの配合成分である「トラネキサム酸」数か月間服用が効果的と言われています。
しかし、鎮痛剤の「ロキソニンS」などと同じ第1類医薬品であるため、薬効が高いが副作用のリスクもあるというデメリットもあり、服用の際には注意が必要です。
健康状態によっては、服用できない場合もあります。薬局などでも、購入ができますが、皮膚科医などで診断の上処方してもらうことをおすすめします

出来てしまったシミにはハイドロキノン

出来てしまったシミには、ハイドロキノンが有効です。ハイドロキノンは、皮膚科や美容クリニックなどで治療薬として処方されるシミの漂白剤ともいわれる治療薬です。
皮膚科や美容クリニックでは、内服薬トラネキサム酸と一緒に処方されることが多く、また、トラネキサム酸の服用ができない場合の肝斑の治療薬にも使われるようです。
ハイドロキノンのメリットは、肝斑以外のシミにも効く美白成分であるということです。濃度の低いものは処方箋なしで市販で購入できます。ハイドロキノン配合化粧品は、直接シミにアプローチができるとあって人気が高まっています。

★ハイドロキノンについてはこちらの特集記事で詳しく紹介しています。

シミに効く内服薬

そのほか、できてしまったシミは、内服薬で治療するのも有効です。薬局で手軽に買えるシミに効く医薬品があります。
ハイチオールCなどが有名ですが、シミに効く医薬品は、シミのほか、小じわや肩こりにも効くロスミンローヤルなどもあり、40、50代の方には、こちらのほうが人気があります。

★ハイチオールCやロスミンローヤルなどのシミに効く医薬品については、こちらのページで詳しく紹介しています。

マツキヨ売れ筋NO.1シミ医薬品「ハイチオールCホワイティア」

美白の維持は根気が必要

シミ対策は、継続することが大切です。皮膚科や美容クリニックで、気になるシミを目立たなくなるレベルに治療しても、紫外線対して無防備な生活をしたら、メラニンが生成されあっという間にもとのシミだらけのお顔に戻ってしまいます。
大事なのは、過剰にメラニンを生成させないように気を付けることです。
顔のくすみや初期のシミは、日焼け止めで紫外線をカットし、美白化粧品で、メラニンの生成を抑制し、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ。
それでもシミができてしまったら・・・・
  • できてしまった気になるシミには、ハイドロキノンを塗り込んでピンポイントでアプローチ
  • 顔のくすみや初期のシミは、メラニンの生成を抑制する美白化粧品で早めにケア
  • 美白化粧品では効きにくい古いシミなどは内服薬などの併用

飲む日焼け止めでシミを作らせない!

最近注目されいるのが飲む日焼け止め。紫外線浴びることで大量発生するシミの原因と言われる活性酸素の量を抑えて、日焼けを防ぐという新しいタイプの紫外線対策アイテムです。
塗る日焼け止めと違って、顔や手足だけでなく髪や頭皮、と全身の日焼け対策ができるので、リゾートの予定のある方などに特に人気があるようです。
飲む日焼け止めも、ブームにのっかり粗悪なものもあるので、飲む日焼け止めの成分であるニュートロックスサン高配合のものを選びます。高い配合のものには「日傘サプリ」のロゴがついていますので目安にしましょう。

日傘ロゴのある飲む日焼け止め

  • インナーパラソル16200
  • ホワイトヴェール

飲む日焼け止めサプリ、どれが一番おすすめか?
こちらの記事で詳しく紹介しています。

ニュートロックスサン飲む日焼け止め比較

敏感肌のシミ対策

美白化粧品に使われる成分は、敏感肌の方には、ひりひりとした刺激を感じるものが多く、敏感肌の美白化粧品選びは大変です。
敏感肌の方は、肌に優しい無添加のものや100%天然のオーガニック化粧品、敏感肌専用の美白化粧品などを選ぶといいでしょう。しかし、すべての方に合うとは限りませんので、まずは、トライアルセットで肌に合うか試してから購入してみることをおすすめします。

おすすめ美白化粧品


美白化粧品の選び方

気になるシミの美肌対策化粧品の選び方

出来たシミまで作用する美白化粧品を選ぶ!
  • 出来たシミにはハイドロキノン
    医療現場でも使われているシミの漂白剤ともいわれる美白有効成分「ハイドロキノン」で出来たシミ1点に絞ってアプローチ。顔全体のくすみや初期のシミに作用する美白化粧品と併用が基本。
  • 副作用が心配な方にはハイドロキノン不使用美白化粧品
    自らの力で肌を再生する機能をもつ美白成分配合化粧品でシミにアプローチ。独自開発成分でハイドロキノンを使わずともピンポイントで気になるシミを集中ケア。美容液なども人気。
  • 敏感肌の方には敏感肌専用美白化粧品
    ヒリヒリして化粧品選びが難しい敏感肌の方には、敏感肌専用美白化粧品が安心。日本では一部無添加でも無添加化粧品として販売できるので、本当に肌に優しい成分配合か、自分の目でも確かめることも重要。
漂白作用のあるハイドロキノン
何をやっても効かなかった気になる部分シミ、肝斑対策には、メラニンの生成を抑制しつつ、メラニン細胞を破壊する漂白作用のある成分ハイドロキノンを使ってみることをおすすめします。

ハイドロキノン配合おすすめ美白化粧品

今あるシミ・くすみ、出来てしまったシミに悩む方におすすめの美白化粧品はこれ!
  1. ラグジュアリーホワイト HQ アンプルール

    価格 5.0
    使用感 4.0
    満足度 4.5
    トライアルセット:
    1,890円(税込)
    category_icon28 category_icon27 category_icon26 category_icon25 category_icon11 category_icon23 category_icon15 category_icon29

    こんな人におすすめ

    部分的に気になるシミも肝斑も顔全体のくすみや細かいシミも全部一緒にアプローチする美白化粧品が欲しいという人には、漂白効果の高いハイドロキノン配合の美容液が試せるアンプルール ラグジュアリーホワイト HQがおすすめです。敏感肌でも使えるとされていますが、肌に合わない場合もあるので、まずは、トライアルセットで効果を確かめるといいですよ。

    ≫もっと詳しく

アンプルール ラグジュアリーホワイト
紫外線によるシミ、加齢によるくすみ、ニキビ跡、色素沈着、肝斑などに働きかける成分配合のオールマイティーな美白化粧品。 ハイドロキノンは敏感肌でも使える肌に優しい“ 新安定型ハイドロキノン ”浸透型コラーゲンやプラセンタエキスなどの選び抜かれた成分からなる独自の処方が美白・保湿・エイジングの3方向からアプローチ。人気はラグジュアリーホワイト HQ110。スポットタイプで気になるシミに直接働きかけるハイドロキノン配合美容液。アンプルールは、FRaU、MAQUIA、VoCE等、数々の女性誌でベストコスメにランクインする実力派美白皮膚科医開発のドクターズコスメです。


シミに働きかける成分

新安定型ハイドロキノン・アルブチン・2種のビタミンC誘導体他

アンプルール ラグジュアリーホワイトの口コミ

冬だから日焼け止めは使わないでいいかな?と思っていたら、、、
案の定大きなシミが頬骨に出来てしまいました。。
出来てすぐネットで検索し、口コミがあったこちらを使用しました。
シミの範囲は広かったのですが、まだ出来たばかりでそれほど濃くなかったため、1ヶ月程で効果が出てきて、うっすらとした赤み?になり、2ヶ月経った今は目立たなくなりました!
ただ、周りにあった昔からのソバカスなどには効いてないです。
シミが出来たらすぐ使用するのがオススメです。
現品使用ですが、まだなくなってないので高くてもコスパはいいのかなーと思います。

@cosme

両頬にシミが気になり、トライアルを購入。使用感も良く、そのまま現品を購入しました。
使用して4カ月たちますが、最初シミがいくつか分かれ、目に見えて消えてきており、コンシーラーも必要がなくなってきました。即効性はないようですが、私は肌荒れもしていないのでこのまま信じて使っていきたいと思います。

@cosme

目元の小さなシミが気になって購入してみました。
夜だけ使用で部分的なのでかなりもちましたしシミも私の場合は小さく、薄かったためか本当に消えました。
手放せない1品です。
高いかなと躊躇しますがこの手の化粧品にしてはお手頃だし何よりかなりもちます!
私は塗っていない時期もあったため1年と少しでなくなりそうになりました。リピートします。

@cosme


ハイドロキノン不使用おすすめ美白化粧品

ハイドロキノンを使わないで出来てしまったシミに作用するおすすめの美白化粧品はこれ!
  1. ポーラホワイトショット

    価格 4.0
    使用感 4.5
    効果 4.5
    ポーラホワイトショットSX:
    12,960円(税込)
           SXジュニア:
    7,020円(税込)
    ポーラホワイトショットCX:
    16,200円(税込)
    category_icon28category_icon27category_icon26category_icon25category_icon11category_icon15

    こんな人におすすめ

    出来たシミをピンポイントでハイドロキノンを使わないでケアしたい人には、メラニンを分解するハイドロキノン不使用の成分配合のポーラホワイトショットSXがおすすめです。ポーラホワイトショットは、アットコスメ、女性誌等で評価が非常に高くファンも多い美白化粧品です。

    ≫もっと詳しく

ポーラホワイトショットCX/SX
ポーラホワイトショットは、日焼けした肌が自然に元に戻る機能、「セルフクリア機能」に注目し、自ら肌を白くする機能を高めます。また、加齢により、体内で酸化した「過酸化脂質」によりできてしまった「くすみ」や「加齢シミ」のケアが非常に得意です。ポーラの美容成分「ルシノールR」と保湿成分「クリアノール」が、メラニンの働きをブロックします。スポットタイプのゲル状の美容液ポーラホワイトショットSXは、、狙ったしみに蓋をしてぐんぐん美白成分を浸透させて、出来てしまった気になるシミにアプローチします。その評判は、口コミでも多くの人が実感するほどです。美白美容液としては、かなり高額ですが、40代、50代で諦めていたシミに悩む方に人気があり、リピ率も高い美白化粧品です。


シミに働きかける成分

オリジナル美白有効成分ルシノールR・ビタミンC誘導体・ポーラオリジナル複合美容成分他

ポーラホワイトショットの口コミ

年中、美白美容液を使用していますが、たまたまこのスポットタイプを見つけて購入しました。顔全体タイプの美容液も勧められましたが、量が少ない上に高価である事、以前使用してあまりシミに効くという実感もなく、他のブランドでいいものを見つけてリピしているため、スポットタイプのみ購入です。
シミは刺激によっても悪化するというので、薬指に取り、気になるところに置いて上からおさえるように、と使い方も教わりました。こすってはいけないとの事です。しばらくして、何をしてもダメだったシミがなんとなく薄くなってきたような感じがしました。
スポットタイプなので、少量ずつ使用するため長持ちもします。これならもう一本買ってもいいかな、と考えています。

@cosme

CXとあわせて使っていますが、肌が弱いため2日連続で使用したら1日休む。乾燥や肌荒れ時は使わない。といったかたちで4本目ですが、明らかに頬のシミは薄くなりました。
また、こちらだけ手の甲のシミに週3回程度塗っていたのですが、元々薄かったからか消えました。

@cosme

3本目です!!頬にあったシミが薄くなってきました(o^^o)今まで諦め気味だったのに、、、。冬場も使用して頑張ります!!高いので少しマイナス(^^;;

@cosme


超敏感肌、乾燥肌向けおすすめ美白化粧品

超低刺激、乾燥肌も改善しながらシミに働きかける成分配合のおすすめの美白化粧品はこれ!
  1. サエル DECENCIA(ディセンシア)

    価格 5.0
    使用感 4.5
    満足度 4.0
    トライアルセット:
    1,480円(税込)
    category_icon28 category_icon27 category_icon26 category_icon25 category_icon11 category_icon15

    こんな人におすすめ

    口コミで効果があると言われている美白化粧品はトラブルが心配ですが、刺激のないタイプは、効き目が全然感じらず、敏感肌の美白化粧品選びは難しいです。敏感肌の方には、敏感肌の研究から生まれた美白化粧品がおすすめです。サエルは、敏感肌の方に非常に評判がいい美白化粧品です。美白と乾燥肌改善の両方にアプローチができます。その浸透力を実感してください。

    ≫もっと詳しく

サエル DECENCIA(ディセンシア)
敏感肌の方は、肌表面が荒れてバリア機能が低下し、シミが出来やすい状態になっていると同時に、常にお肌が乾燥状態でせっかくの美白成分を保持できない状態にあるため、美白化粧品が効きにくなっています。サエルは、弱ったバリア機能をサポートしながら通常のセラミドの4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィアで徹底保湿。正常なターンオーバーを取り戻して美白を目指します。
表面はオイリー、肌奥は乾燥状態のインナードライ肌の方にもおすすめの美白化粧品です。

シミに働きかける成分成分

アスコルビン酸2-グルコシド(ビタミンC誘導体)・オリジナル美白成分エスクレシド・グリチルリチン酸2K(抗炎症作用・抗アレルギー作用)他

サエル DECENCIA(ディセンシア)の口コミ

手に取ってみると、水みたいなテクスチャーです。
浸透力が良く、肌に馴染むとしっとりとして保湿されているのが分かります。
乾燥肌なので、しっかり重ね付け。
より肌が潤った感じになります。

@cosme

10日間のお試しが終わりました。
敏感肌で季節の変わり目はどんなローションを使用しても、ピリッとする事が多かったのですがこのローションは全く刺激がありませんでした。

お試しは、ローションと美容液とクリームのセットですがどれも使用感はさっぱり。
もしかすると、冬は物足りないのカモ…。

突然肌が白くなる様な事はないですが使用3日あたりで肌質が柔らかくなったことが実感できます。

継続する事に期待ができそうなので、定期購入しようと思います。

@cosme

トライアルキット購入しました。美白系コスメで肌荒れをおこしますが、これは大丈夫でした。バシャバシャ使えるところもいいのですが、サッパリ系なので、シットリ系があればいいと思います。まあサエルホワイトニングエッセンスクリアリストをつければシットリするんですけどね。美白効果については全部使用してもあまり分かりませんが、今までできなかった「美白系コスメを使って美白している」気分を味わえることができるので、購入していいかと考えてます。

@cosme


まだある人気の美白化粧品

rinarina

アンプルール、ポーラホワイトショット、サエル以外にも優秀な美白化粧品はいろいろあります。美白化粧品の選び方を参考に探してみてくださいね。

定番人気美白化粧品

アスタリフトホワイト

松田聖子さんのCMでもお馴染みの、富士フィルム「ASTALIFT(アスタリフト)」の美白ライン。アンチエイジング化粧品ブランドとして人気が高く、シミだけでなく、ハリやシワなども気になる方にオススメです。

ジェリー→化粧水の工程がとても気持ち良かったです。
ジェリーが化粧水をしっかり肌にとどめてくれます。
しっとりというよりはもっちりした肌になり、キメが整いました。
美白は、まぁ、この期間で効果を出せというのが難しいと思うのでなんとも言えませんが、シミの根に届くというキーワードは少し魅力的です。

キメが整う面でつづけてみてもいいかなとも思ったのですが、私にはどうしても吹き出物が出ます。(たぶんヒアルロン酸がNGです)
また、これからのシミには効果を発揮しそうですが、今あるシミにはどうなのかというところで。
美白成分が美容液・クリーム・化粧水それぞれに分かれている為、ライン使いをしないと効果的でないのかと思いました。
ライン使いと考えると金額的にもハードル高めかな…。

@cosme

敏感肌向け無添加オーガニック美白化粧品

HANAオーガニック

オーガニックの力で肌質を改善してじっくり美白に興味ある方には、とても評判のいい国産オーガニックコスメです。人気のオーガニックの日焼け止めウェアルーUVも試せるトライアルセットが人気です。

トライアルセットでの購入です。
これ、良いです!すぐ実感しました。
もともと乾燥肌ですが、夏場は不安定で脂性肌にもなります。
洗顔、化粧水、乳液のシンプルさも好き。
余計な成分がないので、肌がみずから強くなり綺麗になっていく感じ。
久々のヒットです。
こちらを使ってから肌の調子がとても良くなりました。私には合っていたんだと思います!
これからも継続していきます(^-^)

@cosme

40代50代乾燥肌向け美白化粧品

ノエビア トゥブラン

ノエビアの最先端の美白研究から生まれた美白化粧品。注目は、保湿力の高さ。お肌が乾燥しがちな40代、50代の乾燥肌向け美白化粧品。ノエビアという知名度の安心感から選ばれる方が多い美白化粧品です。

サンプルでローションのみ使用してます。サッパリとしたテクスチャーで使用感もさっぱりとしてます。つけ心地はしっかり水分が吸収されて、もちっとしますし、気に入ってます。

@cosme

ハイドロキノン配合美白コスメトライアルセット

ビーグレン(b.glen)ホワイトケアトライアルセット

人気のスポットタイプのハイドロキノン配合「QuSomeホワイトクリーム1.9」が試せるトライアルセット。ハイドロキノンの配合量は低めですがその分安心。独自の浸透技術、QuSome®(キューソーム)で浸透力の高さで、美白成分をしっかり浸透させていきます。

何を使っても効果がなかった方へ、につられました。顔じたい、白くはなってきてる。でもシミ自体が薄くなるわけじゃない。でも人気なんですよね。HAKUよりかは効果あるかな。そんなぐらいです。ただビーグレンの商品は肌荒れを絶対にしない。なにを使用しても。そこがすごいなぁと思う。

@cosme

ハイドロキノン不使用シミクリーム

ブライトニングフォーミュラ

日焼けによるシミに直接塗り込むタイプの美白クリーム。酵素の力で日焼けによりダメージを受けて傷ついた細胞を洗い出し、シミを各層まで持ち上げ排出を促します。スポットタイプのシミクリームの中ではリーズナブルです。

1本使い終わって2本目になりました。まだちゃんとした効果を感じてはいませんが、微妙にシミが薄くなった所があるような…。薄いシミは酵素の働きが早いみたいで赤みができました。赤みがおさまったらまた塗ってを繰り返すことでシミが薄くなるとのことなので、もう少し継続してみようと思います。

@cosme

ハイチオールCよりリーズナブルと評判の医薬品

ロスミンローヤル

カラダの内側からシミを改善する医薬品。生薬配合「冷え症」も「肩こり」「小じわや肌荒れ」にも効くのが特徴。医薬品なので効果も高く、リーズナブルなのでハイチオールCホワイティア検討中の方に人気があります。

初回限定1900円からはじめて少しずつ手応えを感じたもので続けて定期購入をしています★
現在2ヶ月ちょいですが、ターンオーバーとされる時期を過ぎた頃から肌に明るさを感じてきました♪

まずはお肌の透明感が蘇りました
くすみがちだった目元も変わりました
→濃いシミと肝斑やら血行不良による頑固なクマなどはまだまだ居座ってますが…(笑)

それでも以前のようには気にならなくなってきまして、最近ではファンデーションを最低限のポイント(目元&口元)のみのカバーに抑えて、あとはフェースパウダーを軽く撫でるだけで過ごせるようになりました

@cosme

根気のいるシミ対策

美白化粧品は、使い続けることが大切です。美白化粧品でのシミ対策は時間がかかります。
根気よくシミ対策を続けることが美白の秘訣です。
そして、注意しなければならないのが、薄くなったからといってシミ対策をやめてしまうこと。メラニンの生成が再び活発になりまたシミが濃くなってしまいます。
紫外線の多くなる季節だけでなく、オールシーズンでのシミ対策をおすすめします。