• ファンデーションでシミを上手に隠せない
  • シミを消すために厚塗りして厚化粧になってしまう
などのメイクのお悩みはありませんか?

ちょっとしたメイクポイントでファンデーションでシミは消える!

肌がくすんでいたり、シミが目立っているいるだけで、見た目の年齢が実年齢よりも5歳くらい老けて見えてしまうことがあります。見た目の印象は大事!早急に何とかしたいものです。
くすみやシミを改善するには普段のスキンケアが重要ですが、時間がかかります。だからこそ、お化粧できれいにシミを隠す技は身につけておきたいです。
rinarina

顔のくすみやシミをきれいに隠すには、ちょっとしたポイントに気をつけてメイクするだけで、すぐにマスターできます。ここでは、そのポイントについて紹介いたします。

シミや肝斑をきれいに隠すコツ

メイクが崩れにくいお肌を作る

ファンデーションでシミやくすみ消していく場合は、ナチュラルに見えるメイクであっても、少し普段よりも多めにファンデーションを使っていきます。そのため。下地作りを意識しないとファンデーションがよれたり、厚塗り感が出てしまったりして逆効果です。
まず、浸透力、高い化粧水や保湿力の高い美容液や乳液を使い保湿を徹底してするようにしましょう。シミをお化粧できれいに消したいなら、きめ細やかなお肌に近づける毎日のスキンケアはとても重要です。
しかし、なかなか良い化粧品に出会えてなかったり、スキンケアを意識していても日々の体調で、お肌の調子も理想のお肌にならないのが現状です。
そういう場合には寝る前に、パックをしたりするだけで、翌朝、お肌がしっとりします。また、ストレスや疲れなどで肌荒れを起こしていると感じるときは、普段のスキンケアに保湿重視の美容液など保湿のプラスαを取り入れ、メイクが崩れにくいお肌の仕込みを前の晩から意識するといいでしょう。

時短できる化粧下地を選ぶ

ファンデーションで厚ぼったく見えないように、シミやくすみを隠すには、化粧下地選び方つけ方が重要なポイントになります。
化粧下地には、専用のものを使う方法が一般的ですが、スポンジを使って、色ムラにならないようにしたり、シミの部分には重ね塗りするなど、きれいに仕上げるのは難しく、コツをマスターしないとなかなかきれいにシミが隠せません。
40代、50代のお肌には、化粧下地よりも、もっと簡単に時短でシミや肝斑を隠してくれる下地を使います。使うのは、くすみをカバーするBBクリームです。
下地の機能もあるBBクリームは、1本でメイクができるのでお手軽感もあり使っている方も多いと思いますが、シミや肝斑はBBクリームだけではカバーできません。
40代、50代の方がBBクリームを使うときには、下地として使うようにしましょう
評判がいいのが、アヤナスのBBクリームです。加齢に特徴の黄ぐすみをきれいにカバーしてくれますので、BBクリーム選びに悩む方はこちらを使ってみるといいでしょう。
★アヤナスBBクリームを使ったシミの隠し方についてはこちらの記事でも紹介しています
肝斑にコンシーラーで悪化?BBクリーム使ったシミの隠し方教えます!

化粧下地のつけ方のポイント

BBクリームは、一般の化粧下地と違って1本でも使えるのでつけ方も簡単です。
  • 顔全体に薄く塗って、まずくすみをカバーし、あとは気になるシミの部分を消すように少し厚めに塗っていきます。
  • 厚めに塗ったところと薄く塗ったところに境目ができないように、指の腹でぼかすようにします。

ファンデーションやフェイスパウダーで仕上げる

rinarina

BBクリームで丁寧にシミを消して、シミが目立たないように下地作りが上手くいったら、8割成功です!

あとは、ファンデーションやフェイスパウダーを使って上手に仕上げていきます。

仕上げのポイント

  • 小筆を使って、シミや肝斑の部分のシミを消すようにファンデーションをのせてあげる。
  • 最後に、テカり防止のために大筆で上からファンデーションをつける。顔全体にブラシをかけてあげる程度で終了。
ナチュラルに仕上げたい場合は、顔全体にはフェイスパウダーだけでも十分です。
シミを隠さなくていい部分は、なるべくファンデーションを薄くして、シミの部分だけファンデーションでしっかりカバーしてあげるのがポイントです。

スキンケアを見直してみる

顔くすみを綺麗に隠したいと思うなら、ファンデーションだけでなんとかしようとするのではなく、普段からの丁寧なスキンケアが重要になります。
きめ細やかなお肌の状態だと、くすみが目立たなくなります。
普段から保湿に気を付けにお肌のコンディションを整えてあげるとメイクを長時間崩れることなくキープできます。
しかしながら、スキンケアからのシミ対策は、効果が出るまでに時間がかかるので、挫折してしまう方も多いのですが、評判の良い美白化粧品を正しく根気よく使うことで、意識しなかった場合とのお肌に確実に違いが生まれます。
rinarina

お化粧だけに頼らず、普段から美白を意識したスキンケアを心がけたいですね

また、美白化粧品を選ぶ時にも、美白重視で考えるのではなく、美白成分による肌荒れ対策のためにも保湿力のあるものを選んだり、化粧水や乳液に美容液をプラスすることはとても重要です。
特に、40代、50代になると、お肌の保湿力が低下していきますので、20代、30代のスキンケアを見直し、アンチエイジングのためのスキンケア化粧品を選ぶと良いでしょう



登場人物A
なかなか自分に合う化粧品が見つけられない方のために、おすすめの成分配合の美白化粧品を集めてみました。