先日、ママ友とランチをしたときに、コンシーラーで肝斑が悪化したという話を聞きました。
女子力の高いママで、いつもしっかりメークでシミを感じさせない仕上がりに尊敬していたのですが、出産後に出来た肝斑もコンシーラーで丁寧に隠していたツケなのでしょうか?40才過ぎて、肝斑が濃く目立って悪化してしまったというのです。
肝斑って、濃くなってしまうと、コンシーラーを使っても、うまく隠しきれず、ファンデーションから肝斑が透けて見えて、鏡を見るたび悲しくなってしまいますね。
以前、皮膚科で、肝斑は刺激や摩擦で悪化するので、毎日、メイクの度、コンシーラーで肝斑を念入りに消すのもあまり良くないという話を聞きました。
この記事では、濃く目立ってしまった肝斑を、悪化のリスクのあるコンシーラーを使わず、BBクリームで綺麗にシミや肝斑を隠す方法と、おすすめのBBクリームについて紹介します。

肝斑ができる原因と対処法

女性ホルモンが影響してできると言われている肝斑ですが、肌への刺激、紫外線、ストレスも良くないとされています。
肝斑についていろいろ調べて知るようになったのですが、以来、悪化させないよう原因となることはなるべくしないように心がけています。
メイクに関しても同じです。でも、気になるシミはやっぱりメイクで目立たなくしたいですね。

BBクリームで肝斑を目立たなくする方法

私の場合は、肝斑が濃く目立っていた3年前から、コンシーラーを使わず無添加BBクリームを使っています。
BBクリームは、もともと1本で日焼け止め、下地、保湿、ファンデーション、補正などができる優れものなので人気がありますが、刺激を与えず、シミをカバーするアイテムとして肝斑世代のお肌にぴったりなんですね。
※今は、毎日のお手入れのおかげで、BBクリームクリームをコンシーラー代わりにしなくても大丈夫になってきました!
BBクリームで肝斑を隠す
  • まず、くすみカバーするためにを顔全体にBBクリーム薄く塗っていきます。
  • 次に、気になるシミの部分を消すようにBBクリームで丁寧にシミを消して厚めに塗ったところと薄く塗ったところに境目ができないように、指の腹でぼかすようにします。

rinarina

指の腹を使う理由は、コンシーラーを直接シミに塗るよりも、優しく塗ることができ、また、力加減を調節することができるからです。

★シミの消し方については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

50代のシミをファンデーションできれいに隠す方法

肝斑世代のお肌にあうBBクリーム見つけた!

BBクリームもいろいろありますが、くすんだお肌や開いた毛穴や小じわに悩む、肝斑世代のお肌に合うBBクリームって少ないですよね。
色が肌に合っていなかったり、すぐ崩れてムラになってしまったり・・・。
特にコンシーラー代わりにすると、安いBBクリームは、濃く塗ったところと薄く塗ったところが不自然に見えてしまうんです。
肝斑世代に合うBBクリームを見つけたくて、プチプラと呼ばれるBBクリームから、女性誌で紹介されている人気のBBクリーム、ネットで評判のBBクリームといろいろ試してみました。そして、ようやく肝斑世代のお肌にあうBBクリーム見つけたのです!
私が、気に入って使っているのがコレ。敏感肌専門ブランドDECENCIAディセンシアのアヤナスBBクリームです。もう使って3年目になります。

アヤナスBBクリームは、崩れにくく、肌色補正が優れています。肌を老けて見せる毛穴や小じわなどを上手にカバーしてくれるところも気に入っているので何度もリピしています。
アヤナスBBクリームの最大のポイントは、肝斑世代の悩みのひとつの加齢による黄くすみをカバーする特殊なカラーであること。
くすんだ肌に対応しているBBクリームってなかなかないので、とてもナチュラルな仕上がりになるんですね。
BBクリームを使っているけど、なんだか、肌の色とあっていなくて浮いた感じの仕上がりになる方は、一度、アヤナスBBを試してみてくださいね。
★アヤナスBBクリームの価格などついて詳しく知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

アヤナスAS BBクリーム公式サイト

BBクリームを肝斑を隠すアイテムに使う理由

私が、ファンデーションではなくBBクリームを使っている理由は、時短できることにあります。
肝斑は、なるべく肌に刺激を与えないことが大切で、メイクで顔を刺激する時間をなるべく短くしたかったのです。
アヤナスBBクリームを選んだ理由も、肌への刺激が少ないBBクリームであり、加齢特有の黄くすみに対応した人気のあるBBクリームだと知って、使い始めました。
肝斑を悪化させないために、肌への刺激をできる限り排除したかったので、BBクリーム選びにもこだわりました。
ディセンシアは、敏感肌についてよく研究されている化粧品メーカーなので安心して使えます。今のところ肌トラブルも一度も起こしていません。

メイクだけでなく普段の肝斑対策も徹底する

肝斑は、悪化させない工夫をしてあげることで目立たなくしていくことができます。
実際に私も、肝斑対策を行って、目立っていた肝斑を、メイクに頼らず目立たなくすることができました。
肝斑を目立たなくする対策
  • 肝斑に効果のある基礎化粧品を選ぶ
  • ハイドロキノンを取り入れる
  • ストレスをためない
  • 紫外線対策を徹底する
★肝斑対策についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

肝斑消えた!紫外線のシミ対策とは違う正しい肝斑対策教えます!

まとめ

肝斑が目立ってくると、どうしても、老けて見えるようになってしまいますね。そのため、肝斑にコンシーラーで消す努力をしたくなるのですが、コンシーラーによる摩擦などが肝斑への刺激となり悪化させる原因にもなってしまいます。
そこでおすすめするのが時短でメイクができるBBクリームを使った肝斑を目立たなくするメイク法です。使うBBクリームも、敏感肌用のものを使うことで、肌への刺激も最小限に抑えることができます。
肝斑は、メイクで隠すことで、すぐに目立たなくすることができますが、普段から、肝斑ができにくくなるよう、肝斑を悪化させない肝斑対策を並行して行っていくことが大切です。
敏感肌に安心DECENCIAディセンシア

ディセンシアは、敏感肌専門ブランドです。
肌が弱っていた時に、一時期、基礎化粧品をディセンシアに変えたことがありました。
その時使っていたのが、DECENCIAディセンシアのSaeruサエル。敏感肌でも使える美白有効成分アルブチンの入った美白化粧品です。
保湿力が高く、乾燥して、敏感になっている時にもヒリヒリしないで使えるので気に入って使っていました。
★サエルの詳細についてもっと知りたい方は、公式サイトをご確認ください。

サエル公式サイト