40代前後になり、鏡を見て、「最近シミが濃くなってきた・・・」と感じるそのシミの一つに肝斑があります。
この肝斑、消したい!と思って紫外線によるシミ対策と同じような対策をすると消えるどころか、かえって濃くなって悪化させてしまうことがあるんですね。
この記事では、肝斑をすぐにでも消したい!と思っている方のために、肝斑の原因や特徴、紫外線によるシミとの違い、肝斑を薄くする方法などについて詳しく紹介します。

肝斑ってどんなシミ?

30代~40代に発症する人が多い肝斑は、両頬や目の下あたりにもやっとした輪郭のはっきりしないシミです。
左右対称にほぼ同じ形で現れます。
肝斑の原因は、後でも紹介していますが、いろいろある原因の中で、女性ホルモンがあげられます。この点が紫外線によるシミとは異なる肝斑の大きな特徴です。
そのため、閉経を過ぎた50代後半に新たに発症する人はほとんどなく、50代後半から徐々に消えていった!という感想をお持ちの方が多くいらっしゃいます。

 

※中には、閉経を過ぎても薄くならない、肝斑が消えた実感がまったくないという方もいらっしゃいますので、肝斑が50代後半になると自然に消えるには個人差はあります。参考程度にしてくださいね。

治療が難しい肝斑

肝斑は、治療が難しいとされています。肝斑自体を消すことはなかなか難しいようですが、肝斑を薄くする対策はいろいろあります。
肝斑対策は、根気が必要ですが、根気よく続けることで「肝斑が消えた」!と実感できるほど肝斑を薄くすることも可能です。
具体的な肝斑対策については、記事の後半で紹介します。その前に、普段のスキンケアや生活習慣が肝斑悪化につながっていることがわかる肝斑の原因について見ていきます。
肝斑を消したい!肝斑を薄くしたい!と思ったら、肝斑に効果のある方法を取り入れる前に、まず、肝斑の原因となっていることをやめることが大切です。

肝斑の原因は?

肝斑の原因は、女性ホルモンと関係しているというお話を最初にお伝えしましたが、その原因について詳しく調べてみましたので紹介します。
肝斑は、通常のシミと同じように紫外線のダメージによっても引き起こされますが、妊娠やピルの服用をきっかけにできることの多いシミであるそうです。
そして、女性ホルモンの分泌に深い関係があると言われている肝斑は、精神的なストレスでホルモンバランスが崩れることでも発症します。
また、肝斑は、ゴシゴシと洗顔するなど、肌への摩擦や刺激も原因で発症したり悪化したりするそうです。ゴシゴシ洗顔をしている人はすぐにでも洗顔法を見直すようしたほうがいいですね。
このように、女性ホルモンと関係があるとされる肝斑は、紫外線ケアを万全にしてきたという人でも、女性ホルモンのバランスが崩れたことがきっかけで発症したり、ストレス肌や過度の摩擦で悪化するため紫外線によるシミを防ぐ美白化粧品ではあまり効果は期待できないそうです。
また、肝斑と気づかず、誤った方法でシミ対策を行ったり、たるみや毛穴対策のために、美顔ローラーなどを使ったスキンケアを行うなど、お肌のための念入りなスキンケアがかえってシミが濃くなる要因になっている場合があります。

リファなどの美顔ローラなどでたるみ対策などを行っている方は特に注意が必要です。
これまでのスキンケアや日常生活で、肝斑の原因となることをしていませんか?心当たりのある方は、これまでのスキンケアや日常生活を見直してみましょう。

肝斑を消したい!肝斑対策

rinarina

肝斑は、女性ホルモンと大きく影響があるとされているため、閉経後徐々に薄くなっていくそうですが、年齢にして60前後になりますので、自然に消えていくシミであっても、それまでそのままにしておくのは考えてしまいますね。

では次に、「肝斑を消したい」「目立たなくしたい」方のために、具体的な肝斑対策について紹介します。
肝斑を目立たなくするには普段の美白化粧品による美白対策と併用して肝斑に有効なトラネキサム酸などの服用やシミの漂白剤と言われるハイドロキノンなどの塗り薬、美容皮膚科などでの肝斑に適した施術などで正しく対策することが大切です。
★シミの漂白剤「ハイドロキノン」については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

出来てしまったシミに効果!美白成分ハイドロキノン

肝斑が消えた!と実感できるほどになるには根気も必要ですが、肝斑に適した対策をし続けることで、出来てしまった肝斑も、徐々に薄くなっていきます。
目立たないほど薄くなれば、ずいぶん見た目の印象も変わり、鏡で自分の顔を見るのも嫌ではなくなってくると思います。
実際に管理人もシミ対策を根気よく続けて、最近、ひどかったくすみやシミ、肝斑が少しずつ改善してきました。
すっぴんだと、ぼんやり肝斑がまだ残っていますが、お化粧をすると肝斑が消えたように見えるレベルになってきました。
★管理人の肝斑対策についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

肝斑対策にアンプルールの美白化粧品愛用中!いい感じです♪

肝斑をレーザーで消したい!?

40代、50代になると肝斑だけでなく、それまであまり目立たなかったシミも急に濃くなることがあります。
これらのシミが目立つようになってくると、レーザーで肝斑もその他のシミも一気にとってしまいたいと思ったりしますね。
レーザーは、内服薬や外用薬、美白化粧品などで対策するよりも即効性があるので、「シミを今すぐ消したい!」と思っている方には、とても興味のある方法ではないかと思います。
しかし、未熟な医師や治療を受ける側の知識が乏しいと、肝斑やその他のシミを悪化させる原因にもなります。医療施設、医師選びは慎重になさってください。

肝斑はレーザーでシミが濃くなる!

しかし、肝斑は、記事の最初でもお伝えしましたが、肌への摩擦や刺激は厳禁!紫外線によるシミに効果のある通常のレーザー治療では、かえってシミを濃くさせてしまうので一般のレーザーでは治療ができないといわれています。
そのため、肝斑には、刺激の少ない特殊なレーザーで治療が行われます。

肝斑治療に画期的なレーザートーニング(メドライトC6)

通常のレーザー治療では、かえってシミを濃くさせてしまう肝斑ですが、低出力のレーザーを照射してメラニンを減少させ色素沈着を改善するレーザートーニング(メドライトC6)の出現で、レーザー治療は禁忌とされてた肝斑治療も可能になりました。
しかし、肝斑に効果のあるレーザートーニングですが、誰でも同じ結果が得られるということはなく、経験に乏しい医療施設などでは、肝斑を悪化させてしまうこともあるようです。
施術を受けるのなら、症例数の多い安心できる美容皮膚科を選ぶようにしましょう。
肝斑治療の様子をレーザートーニング症例数の多い美容皮膚科 シロノクリニックが動画紹介しています。

レーザートーニングのメリット

この、レーザートーニングのメリットは、肌への刺激が少ないため、皮膚にかさぶたができるなどの心配も少なく、痛みもほとんどないようです。
そして、肝斑治療後には、すぐにお化粧も可能で、メイクして帰宅ができます。
それほどに、肌へのダメージが少ないということなのですね。
肝斑は、トランシーノなどのトラネキサム酸服用や、肝斑を薄くするハイドロキノンなどで改善する方法がありますが、即効性がある方法を選択したいという場合には、レーザートーニングは、おすすめです。
レーザートーニング(メドライトC6)による肝斑治療は、個人差はありますが、だいたい、5回程度で肝斑がきれいになります。
費用は、高額となりますが、短期間で確実に肝斑が改善されるので、時間がかかる飲み薬や塗り薬は苦手という方には、おすすめの治療法です。
気になる方は、一度、皮膚科や美容クリニックなどで診察してもらい、レーザートーニングでの治療について相談してみるといいでしょう。

美容皮膚科 シロノクリニック

シロノクリニックは、レーザー治療の専門のレーザートーニングの症例数も多い安心できる美容皮膚科です。リピ率の高く、肝斑の治療が得意です。
シロノクリニックでは、肝斑の治療に、レーザー治療以外に、内服薬トラネキサム酸と外用薬ハイドロキノンでの治療もおこなっています。また、トラネキサム酸とハイドロキノンを、肌奥に直接浸透させる治療法などもあるそうです。
初回のカウンセリング時に、気になるシミを改善する方法を予算などを考慮していろいろ提示してくれます。そして、最終的に予算に応じた最適な治療法を医師と相談し決定していきます。
気になる方は、一度カウンセリングを受けてみるといいでしょう。今あるシミの種類もしっかり診断してくれるので今後の美白対策の参考にもなります。
シロノクリニックでは、WEB限定で初回のカウンセリングが無料です。気になる勧誘ですが、無料のカウンセリングで高額なレーザー治療を強引に進められることはありません。カウンセリングだけ受けるというのも可能です。

★レーザートーニングによる肝斑治療に興味のある方は、シロノクリニックの公式サイトでご確認ください。

シロノクリニック公式サイト

まとめ

肝斑の原因には、紫外線、摩擦、刺激、ストレス、女性ホルモンの減少など、様々なものがあり、対策法も紫外線によりできたシミ対策と異なります。そのため、間違った知識で行うと肝斑が消えるどころか悪化させてしまいます。
肝斑対策には、トラネキサム酸などの服用やシミの漂白剤と言われるハイドロキノンなどの塗り薬、美容皮膚科などでの肝斑に適した施術などいろいろあります。
一般的なものとしては、トラネキサム酸などの服用や、ハイドロキノンなどで外側からのアプローチがあります。根気よく続けることで、肝斑が消えたと思えるほど目立たなくなります。
肝斑を今すぐ消したいのなら、高額ですが、肝斑治療に画期的なレーザートーニング(メドライトC6)がおすすめです。しかし、経験に乏しい医療施設などでは、肝斑を悪化させてしまうこともありますので、医師選びには注意が必要です。
★そのほかの肝斑対策については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

トランシーノより効果がある40代50代のシミ改善法